それぞれのものがたりてん





投稿が遅くなりましたが、3月26・27日の2日間、石引のイベント会場「じょーの箱」さんにて園児〜小学生の生徒さんの展示を行いました。

2022年1月からの3ヶ月間、それぞれの作りたいものを相談しながら取り組んでみました。


「いつもはお題があったけど、好きなものを作って良ければ何が作ってみたいかな?」

「・・・わからない。」


「わからない」って正直でいいなぁ。


「そうだよね、わからないよね。」

と言いながら、それぞれの興味や好きなことをたずねながら一緒に考えました。


「続きのことを考えていたよ。」とある子が言いました。アトリエにいない間も自分の作っているものを考えていた時間があったことを嬉しく思いました。


小さな頃、お家で作っているもの、学校で作っているものから少し離れ、もっとああしてみようかな、こうしてみたらどうだろう、と考えている時間が楽しかったことを思い出しました。


今回の展示を通して、私自身も自分の不自由さにもどかしさを感じることもありましたが、生徒さんと一緒に少しづつ成長できたらと思っています。

また違う形での展示も企画してみてもよいかなと思っています。


展示には保護者の方々や日頃からお世話になっている方々、ご興味を抱いてくださった方々が訪れ、芳名帳にメッセージを残してくださいました。メッセージは1つ1つアトリエの皆んなで読ませていただきました。


どうもありがとうございました。




閲覧数:39回

最新記事

すべて表示

ことりコース(園児・小学生対象)は火曜日16:30-18:00 新たにクラスをつくりました。 残り4名の受け入れができます。 合わせて、こずえコース(中・高生対象)も今月から始動します。 受験対策ではない美術との関わりも大切だなと感じており、このコースを設けました。 多感な時期に、より創作エネルギーがみなぎるのではないかなと思っています。 金曜日18:00-19:30 残り3名受け入れます。 ご興

このたび、2022年4月から金沢医科大学小児外科でアートセラピーを実践させていただけることになりました。 日々の淡々とした流れのなか、淡々と静かに始まりそうな予感がしています。 ドイツで芸術療法を学んで帰国をしてから3年半。帰国をして間もない頃は、医療機関のどこかで可能性を感じてもらえないか、せめて臨床経験を少しでも積める場所が欲しいと、心療内科や精神科にメールや手紙を送ったりという日々でした。ど